自動車保険比較見直し
見積もりを取ってみたら
現在の保険料よりやすかった!
という方が大半です!【無料】


ダイレクト型と代理店型で違う対応

万が一の交通事故のとき処理のやり方が違うと思ってください。

ダイレクト型は自分でやることが多いと思います。

少なくとも自分で保険会社に連絡して手続きの書類なども自分で書く必要があるところもあります。

でも電話対応はしっかりしていますし、事故番号で処理の状況は保険会社内で共有されていますから、事故の対応自体が悪いということはないでしょう。

自分で積極的に動かないとダメなのが代理店型の自動車保険だと思ってもいいでしょう。

代理店型の場合、特に地元に密着した代理店だと交通事故の処理などにも慣れている担当者がいて、電話で連絡したあとはほとんどおまかせという場合もあるようです。

代理店系損保の場合

代理店系損保の場合は地域密着型なので、保険を利用する人のエリアに根付いた土地勘や距離感があというのが一番の安心材料です。

保険の担当者が事故の解決のために関係者に直接会ってコミュニケーションをとってもらった結果、事故処理が円滑に進むということが考えられます。

ただ、どの代理店でも同じような対応をしてもらえるとは限らないのが大きな欠点です。

担当者の人間性や能力に依存してしまうという点に注意が必要です。

ダイレクト系損保の場合

ダイレクト系損保では事故の対応も全てコールセンター経由になります。

電話での対応になりますが、オペレーターの質は高く安定しているのが安心できる点です。

都市部以外の地方ではまだダイレクト系損保の認知度は低くて存在感が薄いといえます。

担当者と直接会うこともなく電話やネットからだけコミュニケーションを取るという形式に慣れないものを感じている人も多いからではないでしょうか。

ただし、ダイレクト型でも代理店型でも、交通事故のとき保険会社の担当者が事故現場に駆けつけてくるということはありません。

自動車の故障などであれば、自動車保険に付帯しているロードサービスを受けられるというのはダイレクト型でも代理店型でも同じです。

代理店型だと事故の対応の一環として担当者が事故現場まで後日やってきて現場を確認するということはあります。

これは事故発生状況報告書に書かれていることを確認するという意味もあるからです。

また、保険契約者の相手方、つまり交通事故をおこした相手の方と直接会って事故状況を確認するということまでやってもらえるのは代理店型です。

ダイレクト型だと担当者が事故現場を確認して、相手方と話をするということはまずないでしょう。

人命にかかわるような大きな事故以外ではダイレクト型の担当者と顔を合わせることはないと思っておきましょう。

これも人命にかかわるような交通事故の場合、保険金の額も高くなるので担当者が現場を確認する必要があるからだと理解しておいたほうがいいです。

ダイレクト型損保の場合、被害者であっても加害者であっても、いずれも自分でしっかりと対応しないとダメだということです。

でも重要な過失割合や損害額の算定などは、ほとんど差がないと思って大丈夫です。

これは保険会社が独自に決めることが出来るものではなくて、過去の判例や「判例タイムズ」の事例を参考にして算出されるものだからです。

まとめ

・保険金の支払いについては大きな差はない。
・事故の対応には違いがある。
・コールセンターで対応するダイレクト型。
・担当者が対応する代理店型。