自動車保険比較見直し
見積もりを取ってみたら
現在の保険料よりやすかった!
という方が大半です!【無料】


ノンフリート契約

自動車保険の「ノンフリート契約」とは、保険をかける自動車の合計台数が9台以下に対する任意保険の一般的な保険契約のことです。

このノンフリート契約では、自動車保険の保険料は、事故歴によって割引されたり割り増しされたりするのです。

等級別料率制度

これを「等級別料率制度」といい、1等級から20等級までの等級区分によって保険料が割引きされたり、割り増しされたりするのです。

はじめて自動車保険の契約をしたときには6等級が適用され、運転者の年齢条件などに応じた保険料が適用されます。

実際の例

そして、契約して1年間無事故ですごし、保険金を利用しなかった場合には、翌年の契約は1級上がって7等級になり保険料が割引きされます。

もちろんこれは自動車保険の契約を更新して継続した場合です。

そしてその後も無事故で保険を使わなければ、無事故年数に応じて等級が上がり最高の20等級が適用されるようになります。

20等級になった後は、これ以上割引きはされません。

事故を起こした場合

事故をおこして保険を利用した場合には、1件の事故について翌年の契約が3等級下がります。

1年の契約期間中に2件の事故をおこして2回保険を利用した場合には、6等級下がることになります。

そして、ランクの低い1等級~3等級になるとさらに割り増しの保険料を払うことになります。

新しい等級制度

損保会社によっては2012年の10月から適用されている新しい等級制度には、「事故有係数」「無事故係数」というものが適用されています。

事故をおこして保険金を受け取ると、3等級下がるのに加えて事故有係数が適用され、同じ等級でも無事故係数が適用されている人よりも割高な保険料を払うことになります。

これは事故をおこす可能性の高い人には保険の負担も高くしてもらおうという考え方によるものです。
さらに、新しい保険制度では等級据え置き事故の扱いがなくなりました。

このような事情から、20万円~30万円の修理費用なら保険を利用するよりも自費で修理したほうが得になるケースも考えられるのです。