ネットで保険契約して大丈夫なの?


自動車保険比較見直し
見積もりを取ってみたら
現在の保険料よりやすかった!
という方が大半です!【無料】



最近ではインターネットを使った自動車保険のサービスが増えています。
インターネット経由で自動車の申し込みから契約完了までができてしまうというサービスです。

保険という重要な契約をインターネットで済ませてしまうことに抵抗があるかもしれませんが、サービスとしてはしっかり確立されているものです。

また、従来の代理店型保険が複雑で割高だったこともあり、シンプルでありながらポイントをおさえたリーズナブルな保険として人気です。

ネットの自動車保険のメリットは?

インターネットの自動車保険のメリットとしてもっともわかりやすいものは、代理店型の保険よりも割安な保険料です。
また、プランの比較や見積もりがインターネット上で簡単に行えることも、メリットでしょう。

さらに、契約内容自体がシンプルでわかりやすく、自動車保険について専門的な知識がなくても理解しやすくなっています。

どんな人にネット保険がおすすめ?

ネットの自動車保険がおすすめなのは、年間の走行距離が短かったり、必要十分な補償内容で安さを求めていたりする人です。
また、加入や更新にかかる手続きが面倒に感じている方も、ネットの自動車保険が向いているでしょう。

とにかく、シンプル、簡単、安いという点がネットで契約できる自動車保険の特徴ですからね。

ただし、ここで心配になるのが「こんなに手軽で安い理由」ではないでしょうか?

安いに越したことはないけれど、いざというとき本当に頼りになるのか、心配になる方がいて当然です。

ネットの自動車保険が安い理由は?

ネットの自動車保険は、広告・集客コストや中間コストをおさえることによって、その安さを実現しています。

インターネットを使うことで広告費用を下げ、保険会社と消費者を仲介する代理店を置かないことで、手数料などの中間コストを削減しているのです。

有名どころでは、ソニー損保やアクサダイレクト、SBI損保などがインターネットを使って直接消費者と契約を結んでいます。

おとなの自動車保険、セコム損保、チューリッヒなどもよく見かけますよね。

これらはいずれも、財閥系の大手損保に比べて割安な保険料を実現しています。

また、イーデザイン損保や三井ダイレクトのように、財閥系でもネットの自動車保険を提供している会社も存在しています。

ネットの自動車保険は安さやシンプルさ、手軽さが支持されているため、大手の財閥系であっても無視できない存在なのです。

さらに安さだけではなく対応力や特約を売りにする保険会社も多いのです。

ネットの自動車保険では補償内容の確認が大切!

ネットを使った自動車保険を契約する場合、補償内容や特約、条件などをしっかりと知っておく必要があります。

基本的な補償内容として、対人賠償・対物賠償・車両保険などはみなさん気にされていると思います。
また、特約として対物賠償の範囲を超えた金額の補償、トラブル時の弁護士費用の補償が含まれていることも多いでしょう。

ネットの自動車保険では、安さを実現するためにこれらの特約の条件を狭くしたり、特約自体を排除したりする場合があります

例えば、アクサダイレクト損保では自動車事故以外の被害事故まで弁護士特約の補償範囲を広げていますが、その他多くのネット自動車保険では、自動車事故のみに補償範囲が限定されています。

また、チューリッヒのように一括比較サイト経由で申し込みをした場合、弁護士費用特約自体がセットにできない自動車保険も存在するのです。

ソニー損保では「自動車事故のみ対応する特約」と、「自動車事故以外にも対応する特約」を分けています。

ちなみに、ソニー損保の自動車事故以外にも対応する弁護士特約は「日常事故解決費用特約」というものですが、これはネットからは申し込みできず、カスタマーセンターに電話をすることでセットできるようです。

このように補償範囲の違いがあったり、そもそもネットからは申し込みができない特約があったりするので、気になる方は一度カスタマーサポートへ電話してみることをおすすめします。

事故対応力やサポート体制にも注目

自動車保険で大切なものは、保険料だけではありません。
いざというときの対応、つまり事故対応力こそが保険の本質ともいえるでしょう。

保険金の支払いまでのスムーズさや示談交渉のサポートなど、事故を起こしてしまったときに頼りになるのが自動車保険です。

例えばセゾンが提供する「おとなの自動車保険」では、総合セキュリティ企業の「ALSOK」と提携した「事故現場急行サービス」を提供しています。

通常は、損保会社が直接事故現場に赴くことはなく、電話を通じたサポートが主流です。

しかし、おとなの自動車保険では、事故現場でのやり取りをサポートしてくれる人員が急行するため、何かとパニックに陥りがちな事故現場でも、理不尽な交渉を強制される心配が少なくなります。

ネットの自動車保険は保険料の相談や事故後のサポートも電話がメインになるため、実際に事故にあったときに不安を感じる方は注意が必要です。

そういった不安を感じる方には、多少割高ではあっても代理店系損保と契約して充実のサポートを受けたほうが良いかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ