自動車保険比較見直し
見積もりを取ってみたら
現在の保険料よりやすかった!
という方が大半です!【無料】

安い自動車保険でも必要・十分

格安のダイレクト型の自動車保険で、さらに最低限の保障にするとかなり安くなった、と感じる方がいるかもしれません。

こんなに安くて大丈夫だろうか?

そんな不安をもつかもしれませんが、保険事業者は金融庁に届出たちゃんとした会社です。

だから安いからといって保険金が出ない、といった心配はありません。

ただし、事故の対応などは自分でやらないとダメだったりしますので、契約する前にしっかりと調べておくことをオススメします。

安いかどうかは保険に加入する人の加入年数や年齢などの条件で変わってきます。

だからある人にとって安い自動車保険でも、他の人にも必ずしも安いとは限りません。

ここは自分にあった自動車保険を比較してみるのが一番オススメの方法になります。

自動車保険の一括見積もりサイト

インターネットを使って自動車保険の比較をしてみると、保険料にはずいぶん差があるものだということを調べることが出来ると思います。

インターネットが普及した現在では、こういった「比較・見積もりサイト」「一括見積もりサイト」を利用していろいろな自動車保険を比較してみるのは当たり前の時代になってきたのです。
もちろん保険料が格安だからサービスも悪いということはありません。

その逆に、保険料が高いからサービスがよいということも出来ないわけです。
保険料が安いか高いかだけに注目しないで、保険会社のブランドイメージや会社規模、業績なども考慮して、総合的に判断することをオススメします。

自動車保険一括見積もりのコツ

ご自分で一括見積もりを試してみるとわかると思いますが、自動車保険は意外と複雑な商品です。

自動車保険の基本的な部分は

①対人賠償保険

②対物賠償保険

③人身傷害保険

④搭乗者傷害保険

⑤車両保険

から構成されています。
これらが保険商品の中心です。

しかし、この5つについては各保険会社で大きな違いは無いと思っていいでしょう。

ですから、自動車保険の比較サイトを利用するときには、

①補償金額

②運転者を限定するかどうか

③運転者の年齢条件

④年間走行距離

⑤使用の目的(通勤かレジャーかなど)

の条件を一緒にして比較することが各社の保険料金の違いをわかりやすく比較するコツだと思います。

比較するときの注意点

上記の自動車保険の基本的な部分は各社で大きな違いはありませんが、ロードサービスやオプション、特約事項などが各社で異なるので注意しましょう。

また「いざ」というときのための自動車保険ですから、やはり事故対応やコールセンターでの対応などの顧客への対応方法には注意して比較することが大切です。

安さなら「自動車共済」

「保険」ではありませんが、安さを求めるなら「自動車共済」がオススメです。

JA共済や全労済の「マイカー共済」などがオススメです。

まとめ

・格安でも保障内容は充実している。
・安さを求めるなら自動車共済がオススメ。
・事故の場合には受付やアドバイスを受けられる。