自動車保険比較見直し
見積もりを取ってみたら
現在の保険料よりやすかった!
という方が大半です!【無料】


代理店系損保の場合

代理店系損保の場合は地域密着型なので、保険を利用する人のエリアに根付いた土地勘や距離感があというのが一番の安心材料です。

保険の担当者が事故の解決のために関係者に直接会ってコミュニケーションをとってもらった結果、事故処理が円滑に進むということが考えられます。

ただ、どの代理店でも同じような対応をしてもらえるとは限らないのが大きな欠点です。

担当者の人間性や能力に依存してしまうという点に注意が必要です。

ダイレクト系損保の場合

ダイレクト系損保では事故の対応も全てコールセンター経由になります。

電話での対応になりますが、オペレーターの質は高く安定しているのが安心できる点です。

都市部以外の地方ではまだダイレクト系損保の認知度は低くて存在感が薄いといえます。