自動車保険比較見直し
見積もりを取ってみたら現在の保険料よりやすかった!という方が大半です!【無料】

何かと話題になりがちなネットの自動車保険。
安さやライフスタイルに合わせた契約が可能なことから人気を集めています。

しかし、ネット保険が全てにおいて優れているわけではありません。
ネット保険(ダイレクト系自動車保険)と代理店系自動車保険はそれぞれ異なる特徴やメリットがあるのです。

ダイレクト系自動車保険は、1996年の金融改革制度を受けて自動車保険も自由化が進み、主に外資系の保険会社が参入して日本国内に登場した保険です。

多様な保険プランを売り物にした「アメリカンホームダイレクト」が、保険のダイレクト販売を始めたのが1997年です。

「ダイレクト」とは、代理店を通さないで直接保険会社が保険契約者に保険商品を販売していることを意味しています。
代理店に支払う手数料がないため、割安な保険商品を用意することで代理店系自動車保険と差別化しています。

そしてその多くが通販型なので、人件費を安くおさえています。

代理店系損保とは

このようなネット保険が登場する1997年以前は、いわゆる代理店系自動車保険が主流でした。
大手保険代理店が、保険会社と保険の契約者の間を仲介していたのです。

保険の契約者のなかには代理店の存在を意識しないまま、保険会社と契約している人も多いのではないでしょうか。

保険会社には資本力や安定性が必要なため、その多くが財閥系保険会社でした。

例えば代表的なところでは、

三井系の「三井住友海上火災保険株式会社(みついすみともかいじょうかさいほけんかぶしきがいしゃ)」、
三菱系の「東京海上日動火災保険株式会社(とうきょうにちどうかさいほけんかぶしきがいしゃ)」、
日産系の「損保ジャパン日本興亜株式会社(そんぽじゃぱんにっぽんこうあかぶしきがいしゃ)」

などはみなさん聞かれたことがあるのではないでしょうか。

これらがいわゆる3メガ損保といわれる保険会社です。

このような財閥系損保は、保険の契約者にちょくせつ保険の販売を行いません。
代理店契約を交わした代理店だけが自社の保険を販売できるようにしてきたのです。

このことから、財閥系を含む保険会社のうち、代理店を仲介として保険の契約を行うタイプを「代理店系損保」と呼ぶわけです。

代理店系自動車保険の特徴

代理店の多くは、保険の販売とともにさまざまなサービスを提供しているのが特徴です。

たとえば、自動車ディーラーが自動車保険の代理店をやっていて、自動車を販売していたり、車検を取りあつかっていたりします。

また、中には不動産や旅行代理店といった顔を持つ代理店もあります。

このように、保険販売以外のサービスも提供する代理店を「副業代理店」と呼ぶこともあります。
副業代理店といっても、自動車関連のサービスのみを扱う代理店は、自動車保険の知識が豊富だと言えるでしょう。

これに対して、保険だけを専門に扱う代理店は「専業代理店」と呼ばれ、保険にくわしいファイナンシャルプランナーなどのプロが在籍していることが特徴です。

保険の専門家に相談できる、というところが代理店系自動車保険の大きな特徴だと言えるでしょう。

難しい保険の知識はないけれど、無駄な保険料は払いたくない、という人には代理店系の利用をオススメします。

代理店系損保のメリット

代理店によっては、ひとつの損保だけの専属代理店として営業していることもあります。

その反対に、複数の損保を扱う代理店もあります。
複数の損保を扱っている代理店だと、複数の自動車保険を比較できるというメリットがあります。

さらに窓口で専門知識を持った担当者からきめ細やかなサービスを受けることができるのもメリットだと言えるでしょう。

前述した3メガ損保以外にも、AIU保険や朝日火災、富士火災、共栄火災やあいおいニッセイ同和損保などがありますよね。

さらに、地域密着型のサービスを展開している代理店だと、自動車保険のことについて何か聞きたいことがあるとき、すぐに駆けつけてくれるという安心感もあるでしょう。

力のある代理店なら、自動車事故の処理なども楽にできることが多いです。
経験豊富なスタッフがいますから同じような案件を直接処理する知識も豊富です。

安心してまかせられるというメリットがあるといえます。

さらに代理店の「お得意様」になれば、新商品の案内や保険の切り替えのアドバイスも受けられでしょう。

このように保険の知識にとぼしくても安心できることが多いようです。

代理店系自動車保険のデメリット

代理店系損保のデメリットとしては、やはりダイレクト系損保(ネット損保など)に比べて保険料が高くなりがちという点にあります。

これは、損保と契約者の間に代理店が入るため、その代理店にも手数料を支払う必要があるので仕方のないことでしょう。

また、やはり人間同士ですから、担当してくれる営業員や販売員との相性があわないということも考えられます。
とくに地域密着型の代理店だと致命的かもしれません。

代理店の中には自動車ディーラーが自動車保険の代理店を行っていたり、個人事業主として代理店業務を行っているところがあるので注意が必要です。

保険を専門で扱っている代理店だと、保険に詳しいです。
自動車ディーラーや整備工場が保険代理店をやっている場合などには保険には詳しくない場合があります。

大きな自動車ディーラーであれば、ファイナンシャルプランナーの資格を持っているスタッフがいるようなところもあるかもしれませんが、全てのカーディーラーがそうだとはいえません。

保険に詳しくない代理店で保険契約をすることは避けたいものです。

ダイレクト型自動車保険との違い

最近話題のネットの自動車保険、つまりダイレクト型の自動車保険と代理店系自動車保険では、まず保険料に違いがあります。
ネットから申し込むダイレクト型の自動車保険は、保険会社がちょくせつ消費者に保険を販売するため、代理店損保のように仲介手数料が発生しません。

そのため、価格自体を安く抑えることができるのです。
ソニー損保(ソニー損害保険株式会社)やアクサダイレクト、SBI損保などはネットから申し込みを受け付けており、保険会社が直接販売している形態です。

ただし、代理店損保と違って担当者が専属で説明をしてくれるわけではないため、ある程度は自分でも知識を持っている必要があるでしょう。

もちろん、保険会社に問い合わせをすればしっかりと回答はもらえるはずですが、回答までの時間やきめ細やかさでは代理店系の損保におとる傾向にあります。

購入したディーラーで保険に加入している場合などだと、表面的な保険の知識しかない場合がありますから、どのような代理店系自動車保険なのかは自分で調べるか、知り合いからの口コミで判断するのがいいでしょう。

まとめ

・代理店系自動車保険は、代理店が保険会社との間に入っている。
・保険商品に詳しい専門スタッフに相談できる。
・万が一の交通事故の処理にも豊富な知識
・代理店にもピンからキリまである。