自動車保険比較見直し
見積もりを取ってみたら
現在の保険料よりやすかった!
という方が大半です!【無料】

ダイレクト型自動車保険

ダイレクト型自動車保険とは、保険会社が保険契約者と直接・ダイレクトに保険契約をむすぶ形式をとっている保険会社の保険商品のことをいいます。


ダイレクト系損保とは、インターネットや電話によって申し込むことができる損害保険の会社のことです。

したがって、ダイレクト系自動車保険とは、これらの損害保険会社が扱っている保険商品の中の自動車保険のことをいいます。

ダイレクト系自動車保険は、インターネットや電話で申し込み加入ができるため、「通販型自動車保険」と言われることもあります。

ダイレクト系自動車保険のメリット

「ダイレクト系損保(だいれくとけいそんぽ)」には代理店系損保のような店舗がありません。

このため保険会社が代理店やその社員にかかる費用が少なくできるという利点があります。

これはそのまま保険料が割安にできるというメリットにもつながるものです。

ダイレクト系損保では、テレビのCMや保険のパンフレット、インターネットで保険のことを知った人がパソコンや電話を使って直接保険会社と保険の契約をすることになります。

パソコンで気軽に保険の見積もりや見直しができるので便利だと言えます。

ダイレクト系自動車保険は保険料が安い

ダイレクト系自動車保険は、保険代理店を通さず言葉のとおり「ダイレクト」に保険契約者と直接契約を結ぶことになります。

そのため、店舗のための家賃や人件費なども安くすることができます。

この安くなった費用をそのまま保険料を安くすることにもつながるのです。

また、ダイレクト系自動車保険の多くは「リスク細分型自動車保険」を取り入れていることも特徴です。

自動車保険の契約者自身が自分に必要な保証だけを選ぶことができ、不要な保証はつけないでさらに保険料を安くすることができのです。

さらにインターネットのサイトから資料を取り寄せたり、保険のシミュレーションを使って自分にあった自動車保険を比較検討することができることもメリットだと言えると思います。

ダイレクト系自動車保険のデメリット

一方で、万が一事故にあったときにも、ほとんどが電話での応対だったり郵送による書類のやりとりで行われることになります。

保険の窓口がコールセンターということになります。

コールセンターではオペレーターが電話で対応してくれますが、このオペレーターのレベルが高く均一なのでダイレクト系損保のひとつのメリットだと言えると思います。

つまり、担当者によって対応のレベルに差があるという心配がほとんどないということです。

ある程度保険の知識が必要

保証の内容を自分で決めることになるので、ある程度自動車保険の知識がないと「自分にあった保険」というものを決めることが難しいというところもデメリットだといえそうです。

まったく自動車保険の知識がない人や、自動車保険について相談できる友人や知人がいない人には少し不安があると言えるでしょう。

万が一の交通事故に遭ったときに保証内容が違っていたとしても、それは自己責任ということになってしまいます。

まとめ

・ダイレクト系自動車保険は、保険会社と契約者が直接契約を結ぶ。
・ダイレクト系自動車保険は、条件によっては安めの保険料にできる。
・ある程度の自動車保険の知識がある人にオススメ。